鴻鵠の志なんか知らない

人生無計画ガチ勢の悪あがき

もう一度始まる世界/Artificial pureness

昔の方が世界に絶望していた。

SFのような世界は、アニメや漫画で見れば楽しかったけど、そう言ったものが現実になるとは全く思えなかった。

 

ドラえもんは実現しないし、アラレちゃんも生まれない。

 

というのも、子供の頃、僕は世界が完全に固定化されていると思っていた。これ以上何か変化はしないし、革新的な変化なんて起きようがない。そう思っていた。だから、今以上に技術が発展しても、結局、本質的には何も変わらないと考えていた。

今思えば、それは田舎生まれの子供の単なる視野狭窄でしかないとわかる。

 

今は、思ったよりも世界は流動的で、いい方向にも悪い方向に簡単に変化すると知った。それ自体がいいことなのかは分からないけれど。

 

とにかく、世界にはまだ改善の余地があるということだし、改善されなくても世界が何か変わるのなら、それはとても面白いから、僕は世界が変化するところを見てみたいと思う。

 

そういう話を書きました。

 

「もう一度始まる世界/Artificial pureness」/「スズメ」の小説 [pixiv] https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=9396988